Menu

全国津々浦々のクラスTシャツの特徴

これまでのクラスTシャツはクラス全員から費用を徴収して業者に発注することから、できるだけ費用を抑えるためにシンプルなデザインであるケースが大多数でした。完全にオリジナルなデザインにしてしまうと別途追加料金が発生するため、それを避けるためにはあらかじめ用意されているサンプルの中から選択することもあり、地味なものになってしまいがちでした。そんな中で、ここ数年で印刷技術の飛躍的な向上とコストダウンもあり、リーズナブルな価格で自由なデザインを作成することも可能となりました。縦横のサイズを規定に合わせたり、Tシャツの形をしたテンプレートに合わせてグラフィックツールで自由に作成したデザインを入稿すれば、オリジナルデザインのクラスTシャツを発注できます。

地元への愛をデザインから表現する

全国津々浦々のクラスTシャツでは、地元への愛をデザインで表現したものが多く見られます。学校の校章や校名がプリントされているのはもちろんのこと、市町村の地図を現したり地元の名産品をモチーフにしたものなどさまざまです。生地のベースとなるカラーは学生向けのグッズではスタンダードな白や紺だけではなく、海や空が美しい地域であれば青を選んだり、森林が豊かなエリアでは緑色を選ぶ傾向にあります。グラフィックツールを駆使してこれらのデザインを描き、jpgやpngなどの標準的なフォーマットで出力して業者の用意しているフォームからアップロードして決定稿を入稿すれば印刷を発注できます。この土地で育ったことを実感して同じデザインのTシャツを身に付ければ、より強く絆を深めることができます。

ゆるキャラで楽しく華やかなデザイン

全国の都道府県のほとんどには、地元のゆるキャラが存在しています。地域のPRに利用され、キャラクターがプリントされたお土産物などのグッズの販売をはじめ、着ぐるみのキャラクターがイベントに登場することもあります。地域の名産や地名を現すキャラクターは、かわいらしいものから癒し系のものまでさまざまあり、見る人を楽しませています。そんなゆるキャラの中には非営利目的であれば無償で利用できたり、事前に届出を行うことで許諾を得られるものがあるほか、自治体自身が著作権を放棄して誰でも自由に利用できる画像が提供していることがあります。それらの画像を利用させてもらい業者に入稿する原稿を作成すれば、クラスTシャツで地元愛を示しながらかわいらしいキャラクターで彩ることができます。