どの地方でもクラスTシャツを作成する習慣はあるのか

クラスTシャツとは、主に小学校から大学までクラスが存在する学校でメンバー分のおそろいのTシャツを指し、体育祭や文化祭などのイベントの時にメンバー同士で着用することでより団結力を高めることが出来るメリットを持っています。デザインは自分たちで描いたオリジナルデザインをプリントした物でもいいですし、専門業者に依頼して本格的なデザインを発注して作成する方法もあるなど、世界に1つだけのデザインに仕上げることも十分に可能になっています。Tシャツの他にも、スウェットやパーカーなど様々なアイテムにオリジナルデザインをプリントする方法も人気になっており、用途に合わせて使い分けることが可能です。実際に日本国内のどの地域でもクラスTシャツを作成する文化があるのかご紹介していきます。

東京や大阪など学校数が多い場所は人気が高い

クラスTシャツは基本的にある程度の人数がいる場合に作成することが多いとされています。そのため1クラスに対してある程度の人数がイルことや、学校数が多い地域は特に作成する文化が根付いていることがわかっているのです。学校向けにカタログやパンフレットが常備されていることも多いため、注文しやすい環境が出来ていることから、主に東京や大阪などの地域はオリジナルTシャツなどを作成して、イベントの時などに着用するといわれています。実際に作成したTシャツやスウェット、パーカーなどのオリジナルデザインのアイテムは、記念品として学校を卒業してからも大切に残しておくという方が非常に増えてきていると考えられます。近年では店頭やカタログ以外にも、オンラインサイトを利用した利用者が増えてきています。

最近ではオンラインサイトの利用が活発になり色々な地域で人気

今までクラスTシャツなどのオリジナルデザインのアイテムを専門業者に依頼して作成する場合は、一定数の数をまとめて注文する必要がありました。そのためクラス数が少ない学校や、学校に在籍している人数がそもそも減っている過疎地の地域に関しては、あえてオリジナルデザインのTシャツを作成する文化が少ないといわれていました。またオリジナルアイテムを作成する専門業者が地元にいないことも大きく影響しています。しかし最近ではオンラインサイトで全国どこでも気軽に注文が行えるようになり、更に一枚からの注文でも簡単に行えることが出来るようになっているので、地域は関係なく全国でオリジナルデザインのアイテムを作成することが増えてきています。人数よりも思い出や団結を高めるアイテムとして注目されているのです。